不動産の売却を考える

ライフスタイルの変化や家族の増減、転勤などを理由に家を売却することもあります。しかし、不動産の売却をスムーズにするためには、色々と考えなくてはいけないことがあります。新しく家を買うので、今住んでいる家を売る必要があると言う時は、タイミングを見計らわなければなりません。新しく住む家を先に購入することができれば、新しい家で生活をしながら余裕を持って今まで住んでいた家を売却することができますが、そうするのは資金的になかなか難しいです。ですから多くの場合、売りと買いを同時進行で行います。今まで住んでいた家を売ったお金で残債を清算して、残金を新居の頭金などに回すと言った具合です。また、家を売る前は雨漏りなどの瑕疵があると、当然査定に影響してきます。もし瑕疵がある場合は、修理をしておくのが絶対条件です。

不動産でマンションを売却

私の家は今マンションなのですが、不動産にお願いをして売却をしてもらっています。マンションに住んでいたのですが一戸建てに引っ越しをしたいと思ったのでローンは残っていますが一戸建てに引っ越しをする事に決めました。マンションを売却してもらわないと、次の行動に移せないので早く売ってもらえるようにお願いをしています。住んでまだ7年しかたっていません。購入価格は3500万円で購入たのですが、中古で2980万円でお願いをしています。3000万円を切った方が何かとキリがいいですし、3000万円未満の方にヒットしやすいのでそこを狙いました。今売りにだして3ヶ月ですが4組ほど見学に来て頂きましたがまだいい返事はもらっていません。あと一年は様子をみてみて、もし売れなかったは値段を下げてまた様子をみてみようと思います。

不動産売却時の費用について

不動産を売却する際には、諸経費や税金がかかり、その概要について説明いたします。不動産を売り出す際に買主との間を仲介する不動産会社に対し、仲介手数料が発生します。手数料は売却代金に応じて変わりますので、法定で定められた金額かどうかを確認しましょう。次にもし売り出した場合に、購入金額よりも高く売れ、利益が出た場合には所得税と住民税が課せられます。登記に関しても費用が発生し、売り出す際にローンが残っている場合は抵当権を抹消する費用と司法書士への報酬も必要となります。また売買契約書に必要な印紙税も必要ですので、押さえておきましょう。最後に忘れがちな自身の引越し費用についても見込んでおくことを忘れないようにしましょう。このように不動産の売り出す時には様々な費用が必要ですので、売却時の参考として把握しておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*